紅白速報(11)X JAPANのYOSHIKIさんドラム演奏復活!

 X JAPANのYOSHIKIさんが、今年5月に頚椎を手術後、初めて舞台でドラム演奏を披露した。

 YOSHIKIさんは、総合司会の内村光良さんがコント番組「LIFE~人生に捧げるコント~」で披露している「宇宙人総理」にふんして登場すると「本物の総理が出てくるのかと思った」と笑い、リラックスした表情で、演奏に臨んだ。

 YOSHIKIさんは、「ENDLESS RAIN」でピアノを弾いていたが、曲が「紅」に変わり、ステージからドラムセットがせり上がってくると両手を交差させる「X」ポーズを披露してからドラムに向かって座った。

 YOSHIKIさんのドラム演奏は、激しく体を動かすのが大きな特徴。さすがに、その動きを“全開”させることはなかったが、ボーカルのTOSHIさんが曲の終わりに「良いお年をー!」と絶叫する中、ピースサインを作り、満足げな表情を見せた。

 終演後、YOSHIKIさんは「ヘドバン(ヘッドバンギング=激しく頭を振る動き)は、首に負担がかかる。普通にたたきましたが、思ったよりもうまくできました。手術以来初めての演奏で不安はありましたが、歴史ある紅白の舞台で復活できて光栄です」と、久しぶりにドラムをたたいた胸の内を明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ