ブルゾン、歳末“さすり愛”!マホーン「何かが2人の間に芽生える」 紅白

 大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。企画枠で出演するお笑いタレント、ブルゾンちえみ(27)は、ネタでの使用曲を歌う米歌手、オースティン・マホーン(21)と最終調整。2人の“関係”が大みそかに急接近する可能性を匂わせた。

 ブルゾンのビジネスパートナーだったマホーンが、実は地球上にいる“35億分の1”の運命の男だった!?

 2人は前半戦最後に放送される「紅白 HALFTIME SHOW」に出演するため、最終リハに出席。非公開だったが、終了後の会見では、セクシーな本番でのパフォーマンスを“予告”するように、親密なボディータッチでわかせた。

 ブルゾンは今年、マホーンの楽曲「Dirty Work」に乗せたキャリアウーマンネタで大ブレーク。マホーンも“相乗効果”で、今年は6度来日してバラエティーや歌番組で女芸人と共演。その勢いで2人そろって紅白出演も決めた。

 2017年を締めくくる大一番について、ブルゾンは「紅白用のスペシャルな演出」とニヤリ。マホーンも「紅白でちえみとコラボできるのは、今年最大のハイライトになるよ」と満足顔だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ