妻・桑子アナは紅白司会&平昌キャスター…フジ谷岡アナ「格差広がって、正直焦っている」

 5月にNHKの桑子真帆アナウンサー(30)と結婚したフジテレビの谷岡慎一アナウンサー(30)が、妻との「格差が広がってしまって、正直焦っている」と複雑な心境を明かした。26日放送の同局系「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にコメントを寄せた。

 この日は「ノンストップ!タブロイドSP」と題して、この1年の内、5月から8月に報じた独自取材のニュースを振り返り、5月編として番組の水、木曜レギュラーを務める谷岡アナの結婚の話題を紹介した。

 谷岡アナは同月11日の放送で、桑子アナとの結婚を生報告するとともに、スタジオでプロポーズも再現。しかし、共演者たちからは当日のスポーツ紙に掲載された谷岡アナの写真が、桑子アナに対して「ちっちゃすぎる」と2人の“格差”をイジられていた。

 当時の放送を改めて見たお笑いコンビ、ハイヒールのリンゴ(56)は「これから盛り返していけば、ね!」とフォローしたが、MCのお笑いコンビ、バナナマンの設楽統(44)は「いや、これがなかなか盛り返せない…」と渋い表情。

 今年のNHK紅白歌合戦で総合司会という大役を務める桑子アナは、さらに平昌五輪開会式の実況キャスターにも大抜擢。実績の格差がさらに広がっているということで、谷岡アナは相当焦っているといい、「さらに格差が広がってしまって、正直いろいろ焦っているんですよね」という本人のコメントが紹介された。

 「谷岡君も頑張ってるんですけどね…」と設楽。山崎夕貴アナウンサー(30)は「でも2人ともすごく今は幸せそうなんでね」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ