吉岡里帆は意識高い系 いまの彼女は多くを語りすぎている

 「Yahoo!検索大賞2017」の女優部門賞に吉岡里帆が選ばれた。検索大賞の概要をみると、「この一年間で、多くの国民に支持され、前年と比べ検索数がもっとも急上昇した人物、作品、製品に贈られる賞」とある。検索とは残酷な行為だ。その人やモノに対して好意や高評価をもたなくても検索はさかんになされる。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、女優・吉岡里帆の検索人気と、若手女優のドーナツ化現象についてつづる。

* * *

 担当編集Yは言った「いやぁ、再来年なにしてるか分からないですよ」

 僕は言った「アナタに里帆のなにがわかるんですか!」

 この不毛なやりとりが展開されたのが先日。

 この「里帆」とは、女優の吉岡里帆。僕にとって2017年とは、誰彼構わず「吉岡里帆って知ってますか?」と熱弁した年であった。

 今まで20人以上のメンズと吉岡里帆についてのトークセッションを重ねた。「キライ」と答える人は皆無で、全ての男性が「吉岡里帆がスキだ」と答える。

 芸人の友人は「あの芋っぽい感じがいいよね」

 編集者の知人は「手が届きそうな感じ」

 と語った。「よくその顔で言えるな!」と思いつつも、分からなくもない里帆観。つまり、男性陣にとって吉岡とはそーいった存在なのである。

次ページ「まぁ、かわいいよね」と話すが、その顔はブルー。執拗に聞けば…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ