「X-MEN」「フランダースの犬」声優の大木民夫氏が死去

 米映画「X-MEN」シリーズのプロフェッサーXの吹き替えなどで知られる声優の大木民夫さんが14日に89歳で死去したことが20日、分かった。所属事務所が公式サイトで発表した。

 昭和21年にNHK放送劇団研究生となり、47年から現在の声優事務所に所属し数々の洋画吹き替えに携わった。主な担当作品に「グラディエーター」「グレムリン2」「マイノリティ・リポート」など。「フランダースの犬」のアロアの父コゼツ役など、アニメ声優としても長期にわたり活躍した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ