安室奈美恵、14年ぶり紅白!特別枠で後半登場&「Hero」が有力

 デビュー日の来年9月16日に引退する歌手、安室奈美恵(40)が、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15)に特別出演歌手として出場することが19日、同局から発表された。2003年以来14年ぶり10度目で、今年の目玉として東京都内の同局スタジオから中継出演することが有力だ。テレビ番組での生歌唱は7年ぶり。歌姫がラスト紅白で力強い歌声を響かせる。

 NHKの粘り強いラブコールが実った。

 安室の紅白出場は2003年に第一部のトリで「SO CRAZY」を歌って以来14年ぶり。今年は、紅組、白組の枠を超えた「夢を歌おう」特別企画枠での出場。10年7月のテレビ朝日系「ミュージックステーション」以来7年ぶりにテレビで生歌を届ける。

 関係者によると、当日は東京都内の同局スタジオから生中継での出演が濃厚で、故郷の沖縄と衛星回線を結び、地元の人々のメッセージや首里城などの名所とリンクさせる案が進行中。沖縄が生んだ歌姫を応援する内容となりそうで、出番は番組の後半が有力だ。

 歌唱曲はNHKのリオデジャネイロ五輪・パラリンピックのテーマ曲として国民的に知られるヒット曲「Hero」の可能性が高いという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ