ベッキー、鶴瓶に中居との結婚勧められ「色々乗り越えた2人が…」

 タレント、ベッキー(33)が12日深夜放送のテレビ東京系「チマタの噺」(水曜前0・12)に出演。昨年1月にゲスの極み乙女。ボーカルの川谷絵音(29)との不倫騒動について語った。騒動中のメディアの報道について「『記事は記事。ここの関係性は何も変わらないから』って言ってくれる人が身近にいたので私は救われました」と振り返り、司会を務める笑福亭鶴瓶(65)が「中居な。優しい男やからね」とその言葉の主を明かすと、「どれだけ救われただろう、って言うくらい。自分が大変なのに、私のことも考えてくれたりとか」と感謝した。

 中居正広(45)とは、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)でかつて共演。ベッキーは騒動後初の仕事復帰を同番組で5月に果たした。中居との対談という形で、騒動について心境を初告白していた。

 そんな2人の関係に、鶴瓶は「結婚したらどうやねん? 中居と」とベッキーに提案。すると「それ、たまに言われる」と実際に周囲から言われたことがあると明かし、「お騒がせカップル。色々乗り越えた2人が…」と、苦笑いだった。

 さらに、米大リーグで活躍するイチロー外野手(44)も、騒動の渦中にあったベッキーを心配したという。鶴瓶に何度も「ベッキーは今どうしてる?」と聞いていたとし、食事会を開くことに。イチローと初対面だったベッキーは「あれは本当に幸せでした」と振り返り、「どんな感じで来るのかな、って思ってたら『オイッス』って」と、大スターの意外な一面に驚いたと話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ