ひふみん、テレビ収録で復帰 2日に胆石性急性胆のう炎の手術

 胆石性急性胆のう炎と診断され、2日に手術を受けた将棋の加藤一二三(ひふみ)九段(77)が11日、東京都内で行われたテレビ収録で復帰した。所属事務所によると、術後の経過は良好で、通院を続けながら収録に参加し、少しずつ体を慣らしていくという。

 加藤九段は1日から痛みを訴え、2日に東京都内の病院で診察を受けたところ、胆のう管が胆石でふさがれて腹部の痛みや吐き気などが生じる同病名と診断された。医師から「出来る限り早い段階での手術が必要」といわれ、同日に手術を受けて無事に成功していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ