STU“船長”岡田奈々、メジャーデビューに向け「準備していきたい」

 3月に誕生した国内6番目のAKB姉妹グループ、STU48が11日、神戸市中央区の神戸ジーベックホールで初のコンサートツアー「STU48 瀬戸内7県ツアー~はじめまして、STU48です。~」兵庫公演を行った。

 9月29日に徳島市シビックセンターで幕を開けた同ツアー。AKB48兼任のキャプテン、岡田奈々(20)が「5県目、兵庫県! やってきましたー!」と叫ぶと、オープニングから観客の興奮も最高潮に達した。

 同ホールは、兵庫県出身の石田みなみ(19)、淡路島出身の門脇実優菜(14)、元NMB48薮下柊(18)の妹で大阪出身の薮下楓(17)らが受けた2次オーディション会場。「何列目の何番目に座って祈っていたか覚えてる」という石田は「あのときより成長した姿を見せたい」と歌い踊った。

 アンコール後には、22日発売のAKB48の50枚目のシングル「11月のアンクレット」のカップリング曲で、STU2曲目のオリジナル「思い出せてよかった」をファンの前で初披露。“船長”岡田は「メジャーデビューに向けて準備していきたい」と意気込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ