東出昌大、侵略者の宇宙人役に笑顔「難しいというよりはすがすがしかった」

 女優、夏帆(26)が11日、東京都内で行われた主演映画「予兆 散歩する侵略者 劇場版」(黒沢清監督)の初日舞台あいさつに共演の東出昌大(29)らと出席した。

 同作は長澤まさみ(30)と松田龍平(34)のW主演映画「散歩する侵略者」を異なるキャスト、ストーリーで制作したスピンオフ作品で、WOWOWで放送されたドラマが好評だったことを受けて劇場でも公開。夏帆は「大きいスクリーンで、この環境で見てみたいと思っていたので、こういう形でお届けすることができてうれしいです」と喜びを語った。

 また、東出は妻で女優、杏(31)との間に第3子となる長男が今月上旬に誕生後、初の公の場。子供について触れることはなかったが、侵略者の宇宙人を演じたことに「目的がはっきりした人物。裏表が全くないので、演じていて難しいというよりはすがすがしかった」と笑顔を見せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ