温かくスタイリッシュ、ジャズギタリストの西藤ヒロノブが新譜

 米ニューヨークに活動の拠点を置くジャズギタリストの西藤ヒロノブが7枚目となるCD「Sweet Dreams(スイート・ドリームズ)」(キングレコード)を発表し、日本国内でのツアーも佳境を迎えている。西藤は「都会的なサウンドも織りまぜながら自然をテーマに音楽をつづりました。大切な人に思いを寄せ、穏やかな気持ちを分かち合うような時間を届けたい」と語る。

 西藤は大学卒業後の1999年に渡米し、ボストンの名門、バークリー音楽大学に学んだ。在学中から演奏活動を開始し、一流ミュージシャンが集うブルーノート・ニューヨークをはじめ世界の第一線で活躍を続けている。海を愛し、サーフィンにも精通する西藤はハワイを行き来しながら、目の当たりにした情景や耳にしたサウンドを自らのフィルターを通して再構築し、太陽の光、風や海の心地よい揺らぎを感じさせる伸びやかで彩りに富んだ音楽に磨きをかけている。

 「満月の光が照らす海でウクレレを奏でることなど、予定調和ではないところで得られたものが自分の中で芽生え、音楽に生かされていきます」と話す。

 アルバムのタイトルにもなっている「Sweet Dreams」は、ベースが奏でる美しい旋律が自然の懐に抱かれるような温かな情趣を運ぶ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ