懐かしい あの女子十二楽坊が9年ぶりに戻ってくる

 伝統楽器を操る12人の中国美人楽団「女子十二楽坊」が、11月27日から東京、千葉の3カ所で公演する。単独で日本の舞台に立つのは9年ぶり。2003年に出したCDを、日本だけで200万枚近くも売った美女軍団だ。懐かしい、という読者も多いのでは。

2003年に大人気

 女子十二楽坊は、中国の古典楽器を演奏する女性演奏家集団だ。歌手ではない。2001年に中国で結成され、CDデビュー。

 日本にはCD「女子十二楽坊~Beautiful Energy~」で03年に進出。これが売れた。実に売れた。集計会社オリコン(東京都港区)による03年の年間順位(アルバムCD)をひもとけば、6位(集計時点枚数116万枚)に入っている。

 ちなみに、この年の一番はケミストリー「Second to None」(同200万枚)。次が浜崎あゆみさん「RAINBOW」(同185万枚)。そのほか女子十二楽坊の上にいたのは、B’z、桑田佳祐さん、BoAさん。平井堅さんや中島美嘉さんの作品は「女子十二楽坊」の後塵(こうじん)を拝した。最終的に166万枚を数えた(オリコン集計)。

 珍事も起きた。女子十二楽坊が演奏しているのを見て、弦楽器の二胡(にこ)を土産で持ち帰る観光客が増加。が、輸出入規制があるニシキヘビの皮が使われている。必要な手続きをしていない二胡が、関西空港だけで50件も押収された。

 音楽評論家の伊藤強さん(1935~2016年)は当時、産経新聞で「日本の芸能界は、日本だけで成立するのではなく、広くアジア全域で考え、展開していくべきだろう」と指摘した。女子十二楽坊は、大陸からの旋風だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ