真木よう子、来年公開映画「SUNNY-」を体調不良により降板

 女優、真木よう子(35)が、出演を予定していた2018年に全国東宝系で公開予定の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を体調不良により降板することが10日、同映画の公式ホームページ(HP)で発表された。「芹香役で出演を予定していた真木よう子さんですが体調不良により、やむを得ず降板する事になりました」としている。

 代役には女優、板谷由夏(42)が務めることも同時に発表され、「撮影も順調に進行しています。来年2018年の公開を楽しみにお待ちください」と決定に理解を求めた。

 同映画は2011年に韓国でヒットした映画が原作で篠原涼子(44)、小池栄子(36)ら豪華女優陣が競演。篠原の女子高生時代を演じる広瀬すず(19)が、1990年代のコギャルファッションを披露することも見どころになっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ