中山美穂が「平成細雪」で主演 長女・鶴子役で「とても光栄に思います」

 女優、中山美穂(47)が来年1月7日スタートのNHK BSプレミアム「平成細雪」(日曜後10・0、全4回)に主演することが9日、同局から発表された。小説家、谷崎潤一郎氏の名作「細雪」で描かれた昭和初期の4姉妹の日常を、バブル崩壊後の平成の時代設定に置き換えて描く作品だ。中山は長女の鶴子を演じる。

 「細雪」の舞台版は度々、再演されているが、映像化は1983年の映画以来、35年ぶり。中山は「変化しながらつながれてきた時代の、この作品のほんの一部になれることをとても光栄に思います」と喜びのコメント。次女の幸子を高岡早紀(44)、三女の雪子を伊藤歩(37)、四女の妙子を中村ゆり(35)が演じる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ