フジ海老原アナ、社会学者・古市憲寿氏の発言に猛反発「内定取るのってすごい大変」

 社会学者の古市憲寿氏(32)が9日、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)の放送中、経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」に入社予定だった学生に「見る目がない」と発言し、スタジオが騒然となった。同局の海老原優香アナウンサー(23)は「内定取るのってすごい大変なんですよ。内定取るのに死に物狂いで学生はやってて」と猛反発。梅津弥英子アナウンサー(39)も「ごめんなさい、ちょっといま怒りがわきました」と本音をもらした。

 番組では虚偽の決算書類を示して、メインバンクから融資金約2億円をだまし取ったとして、詐欺と有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕された、てるみくらぶ社長の山田千賀子容疑者(67)の経歴や人物像などについて特集した。

 スタジオでは支払い済みの旅費が戻ってこない被害者に同情の声が上がる一方で、笠井信輔アナウンサー(54)は「忘れちゃいけないのが、入社5日前に内定取り消しになった50人の若者たちですよ」と、てるみくらぶに入社予定だった学生も被害者と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ