清水アキラ、良太郎被告と面会…初公判まで「保釈しない」

 ものまねタレント、清水アキラ(63)が31日、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴され、警視庁目白署に勾留中の三男で元俳優、清水良太郎被告(29)との面会のため同署を訪れた。

 面会後、報道陣の取材に応じ「(反省の)時間が短いから、(初公判まで)保釈はしないと伝えた」と涙をこらえながら胸中を告白。良太郎被告はうつむき、ハンカチで涙をぬぐいながら黙って聞いていたと明かした。

 また、良太郎被告の芸能界復帰は「いまのところは考えていない」と説明。それでも「俺たちは何があっても良太郎の味方だからと伝えた」と父親愛もにじませた。

 同被告は先月27日に保釈を申請。裁判所が許可を出したとされるが、保釈保証金150万円が未納のため保釈されていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ