国産初のテレビアニメ「鉄腕アトム」、幻の未放映シナリオ見つかる…手塚治虫の修正指示の書き込みも

 昭和38(1963)年1月から放映された初の国産テレビアニメシリーズ「鉄腕アトム」の第1話で、放映されなかった幻のシナリオが存在したことが分かった。映画史研究家の牧野守さん(87)=東京都国分寺市=が構想したシナリオで、原作者の故手塚治虫さん(1928~89年)が修正を指示した書き込みも残っていた。専門家らによると、手塚さんの、人間という存在を見つめようとした深いテーマ性と、国産アニメ第1号にかける意気込みが伝わってくるという。(横山由紀子)

 国際日本文化研究センター(京都市西京区)の大塚英志(えいじ)教授(59)=まんが表現史=の調査で明らかになった。見つかったのは、「第1話 フランケンシュタインの巻」と題した原稿用紙36枚分の手書きシナリオ。牧野さんが都内の自宅で保管していた。

 牧野さんは当時、記録映画の現場で働く無名の若者。手塚さん側の誘いで契約を結び、脚本を担当することになったという。

 シナリオは、悪人に操られたロボットのフランケンシュタインにアトムが立ち向かう内容。冒頭、ロボット製造工場でスタッフが会話をしながら作業する姿が描かれるが、「出始めはメカニックにセリフない方がよくはないか」などと、手塚さんの指示が書き込まれている。「黙々と働く工場作業員の姿をロングショットで見せようとした意図がみられる」と大塚教授。リアリズムを追求する戦前のドキュメンタリー映画の手法といい、「記録映画性と、人間そのものを描くという手塚さんのスタンスが読み取れる」とする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ