シンガー・ソングライターの遠藤賢司さん死去、70歳 「カレーライス」がヒット

 「カレーライス」などのヒット曲で知られ、胃がんであることを公表していたシンガー・ソングライター、遠藤賢司(えんどう・けんじ)さんが25日、東京都内の病院で死去していたことが分かった。70歳。葬儀・告別式は近親者で行い、来年に音楽葬を実施する。遠藤さんの公式フェイスブックで関係者が明らかにした。

 フェイスブックでは、「遠藤賢司は一昨年より胃がんを患いましたが、闘病を続けながら音楽活動を続けてまいりました。新曲のレコーディングに向け体調を整えていましたが、10月23日に入院となり、24日に容態が急変し、25日早朝、都内の病院で亡くなりました」と説明。

 ファンに対しては「本人に代わって、長年、みなさまには遠藤賢司の音楽にご支援いただいたことに改めて感謝いたします。引き続き遠藤賢司の音楽をご支援賜りますよう心よりお願い申し上げます」と感謝の気持ちを伝えた。

 茨城県出身。大学時代にボブ・ディランに傾倒し、歌とギターを学び音楽の世界を目指した。昭和44年「ほんとだよ/猫が眠ってる」でレコードデビュー。「カレーライス」などのヒット曲で知られる。

 俳優としても活躍し、平成25年公開の青春映画「中学生円山」(宮藤官九郎監督)に元ミュージシャンの老人役を好演。また、浦沢直樹さんの人気漫画で実写映画化された「20世紀少年」の主人公・ケンヂのモデルにもなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ