森川葵、“嘘”偽りのないギャル時代を告白「メークにルーズソックスはいていました」

 女優、森川葵(22)が7日、東京・中目黒の目黒学院高校で行われた主演映画「恋と嘘」(古澤健監督、14日公開)の文化祭サプライズイベントに出席した。

 結婚相手を政府が決める時代を描いたラブファンタジー。校庭に森川と共演の俳優、北村匠海(19)、佐藤寛太(21)が現れると生徒たちから割れんばかりの歓声が上がった。にこやかにあいさつした森川は高校時代の思い出について、「ギャルっぽい女の子が多い学校で私もカラコン、メークにルーズソックスはいていました」と“嘘”偽りのないギャル時代を告白。

 また、同作のストーリーにからめてパートナーの決め手を聞かれると「おいしいものを食べに行って、一緒に『おいしいねー』って分かち合える人」と照れながら理想の“恋”を語った。

 最後に森川は集まった生徒たちに、「楽しい文化祭におじゃまさせて頂いてありがとうございました。『恋と嘘』は自分の幸せって何だっけって考えさせられる作品です」と熱っぽくPRしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ