尾木ママが特殊メイクで尊敬する美輪明宏に変身 「仕事は何でも受けていきます」

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(70)が5日、東京・虎ノ門のホテルオークラ東京で古希と退官を祝うパーティーを開催した。

 開宴前に取材に応じた尾木氏は8年前にタレント、明石家さんま(62)から“尾木ママ”と命名されて以来、人気が沸騰したことに「44年間教育に携わり、教育番組や報道番組でずっと頑張ってきたが、バラエティーに出るようになり多いときで年間500本の番組に出た。激動でした」と振り返った。

 3月には法政大学を定年退官しており、「今日を境に主体的に“尾木ママ”になる。仕事は何でも受けていきます」とジャンルを問わない活躍を誓った。

 尊敬する人物は歌手の美輪明宏(82)でこの日、特殊メイクで美輪に変身した自身の肖像写真も公開。本人との違いが判然としないほどそっくりな写真について「フォトスタジオで60分でした。テクニックの高さに驚きます」と照れながらアピールした。

 一方、最近、世間を騒がせている著名人の不倫問題については「不倫から小説や詩が生まれるので“不倫は文化”は間違いない。しかし、この頃の不倫は文化の域に達していない」とバッサリ。続けて「SNSが発達してみんなカメラを持っているから見張られているようなもの。ナイショにしておくテクニックを身につけないとダメ」と提案していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ