東国原、たけし生放送欠席に「ちょっと笑ってしまった」

 タレント、ビートたけし(70)が4日、MCを務めるテレビ東京系「おはよう、たけしで すみません。」(前7・30)の生放送を欠席した。これを受けて、たけしの弟子で元宮崎県知事のタレント、東国原英夫(60)が自身のツイッターを更新。「師匠がテレ東の朝の生番組を休まれたらしい。番組関係者には申し訳無いが、ちょっと笑ってしまった(笑)」と明かした。

 同番組は2日から6日の5日間にわたって、たけしが同局の朝をジャックするという企画。長年確執のあったお笑いコンビ、浅草キッドの水道橋博士(55)と爆笑問題の太田光(52)が久々の共演を果たすことも話題となった。

 東国原はツイッターで「実に、師匠らしい。て言うか、相変わらず元気である(笑)。昔は良く番組を休まれていた。無断欠勤するという事はまだまだ元気な証拠。無断欠勤というのは、物凄くエネルギーがいる。だから、元気な証拠」と私見をつづった上で、「でも、今日の『TVタックル』収録は休まないで下さいね」と懇願した。

 たけし不在の生放送を乗り切った、同じく弟子の水道橋博士はツイッターで、「本番が終わるまで『ドッキリ』かと思う気持ちが続き、半信半疑で生放送は進行したのだった」と振り返った。加えて「『やっぱ!ホントに休むんだ!』という呆れ返る気持ちと『これはなかなか体験出来ないぞ!』とアガる気持ちが同居する」と心境を吐露した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ