水トアナ『ヒルナンデス!』涙と笑顔でラスト飾った! 南原と社交ダンス締め

 日本テレビの水ト(みうら)麻美アナウンサー(30)が29日、番組アシスタントを務める同局系「ヒルナンデス!」(月~金曜前11・55)に出演。入社1年目だった2011年3月の番組スタート時から、6年半もの長期にわたって出演した番組に別れを告げた。

 番組のエンディング、水トアナはメーンMCの南原清隆(52)と社交ダンスを踊って最終出演を締めくくった。この姿を見守るため、各曜日レギュラー陣が勢ぞろいし、最後の雄姿を見届けた。

 衣装の色は、痩せて見せたいという水トアナの希望でロイヤルブルー。映画「ハウルの動く城」のテーマ曲「人生のメリーゴーランド」に乗せ、南原と息の合ったダンスをみせた。

 ダンスを終えたときには、一瞬涙をこらえるような表情を見せたものの、笑顔で拍手に応えた水トアナ。南原から「水トちゃんはきょう無事、『ヒルナンデス!』を完走しました。卒業おめでとうござます。水トちゃんはこの番組を通じて心も体も思っていた以上に大きくなりました。今こそ巣立つ時だと思います。後ろを振り返らずに前だけを向いて、次のステージで頑張ってください。6年半、ありがとうございました」とエールを送られ、涙がこぼれた。

 その後、水トアナは、最後のダンスに「すごく楽しかったし、こんなにみなさんに、テレビの前のみなさんにも見ていただいて。こんなに重くなっちゃったんですけど、練習よりなにより一番きょうが高く跳べたんですよ。南原さんのおかげだなと本当に実感したダンスだなと思いました」と感謝した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ