市川美織、刀を構えて戦闘ポーズを披露「筋肉痛になりました」

 NMB48の市川美織(23)が28日、東京都内で行われた主演映画「放課後戦記」(2018年春公開)の公開決定会見を行った。

 劇中の衣装で刀を構えて戦闘ポーズを披露した市川は「相当腕力がいります。筋肉痛になりました」と壮絶アクションシーンを振り返った。

 女子高を舞台にしたサバイバルバイオレンスアクションで、2016年には舞台化されている。引き続き映画でヒロインを演じた市川は、「舞台とは違って混乱する感じもありましたが、映画と舞台、2回も演じられてうれしいです」と笑顔で喜びを語った。

 舞台と映画の違いについては、「舞台ではより大きく戦っているシーンを見てもらおうと大きく動くことを意識しましたが、映画は刀の見せ方が難しいなと思いました」と演技の幅が広がった。

 会見には舞台で市川とW主演を務めた女優、りりか(23)らも出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ