ビートたけし、巨泉さん所有馬タケシツービートは「事後報告だった」

 タレント、ビートたけし(70)が初めて競走馬の名付け親になったことが27日、分かった。競馬に携わるDMM.comのCMに出演する縁で実現。ディープインパクトを父に持つ良血馬を、自身が受章したフランスの芸術文化勲章・コマンドールにちなみ、「キタノコマンドール」と命名した。

 かつては万馬券狙いでよく馬券を購入していたというたけし。毎回1万円ずつ賭けていたが、当たれば1500万円になったレースに限って「うちの坊や(付き人)が買うのを忘れていた」と“大損”した話も告白した。また馬主としても知られた故大橋巨泉さんの所有馬・タケシツービートにも触れ「巨泉さんが『お前の名前つけたよ』って、事後報告だった」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ