北野武監督「この格好で神戸にいると、とんでもない抗争に発展する」 黒スーツ姿で勢ぞろい

 北野武監督(70)が25日、東京都内で行われた映画「アウトレイジ 最終章」(10月7日公開)のジャパンプレミアに出席した。

 裏社会で生きるヤクザの抗争を描くバイオレンス映画「アウトレイジ」シリーズの第3弾。キャスト陣には大杉漣(65)、大森南朋(45)ら実力派俳優がズラリ。北野監督は「ありがたいことに、僕の映画は日本を代表する役者さんが出演をOKしてくれる。また何年か経ったら、日本の役者オールスターズでとんでもない映画を撮ってみせようと思います」と大作の構想を明かした。

 壇上には大杉や大森のの他にピエール瀧(50)や白竜(64)らこわもてキャスト陣が黒スーツ姿で勢ぞろい。北野監督は冗談交じりに「われわれ、この後、神戸に行こうと思ったけれど、警察から止められた。この格好で神戸にいると、とんでもない抗争に発展する」と暴力団抗争の事件が頻発する地域の名前を挙げて、笑わせた。

 また、昨年4月に頸椎亜脱臼、同5月に胆のう炎の手術で入院し、同6月に退院した西田敏行(69)や2014年3月に脳出血で倒れ、5カ月間入院した塩見三省(69)も登壇。西田は退院後の同7月から同作の撮影に臨み、「塩見くんとお互いリハビリしながらの撮影だった」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ