船越英一郎、泥沼騒動に初言及「ひどいことを言われても感謝」

 妻でタレント、松居一代(60)と離婚調停中の俳優、船越英一郎(57)が24日、東京都内で行われたテレビ東京系「テミスの剣」(27日放送、後9・0)の制作発表に出席。7月の騒動勃発後、初めて報道陣の前に登場し、泥沼騒動について初言及した。

 同作は「本物の正義とは何か」を問いかけるサスペンスで、上川隆也(52)が主演。船越は作品にちなんで信念や座右の銘を聞かれ、「世の中にはステキなこともあれば、とんでもなく悪いことも起きます」とポツリ。「それを一つ乗り越えると強くなった自分がいる。だから、悪いことが起きても、ひどいことを言われても感謝しようと」と意味深に語った。

 松居との離婚調停は今月4日に開始。船越と所属事務所は、彼女に対して名誉毀損行為などの差し止めを求める仮処分申請を行っている。船越は報道陣から騒動にも感謝?と聞かれ「悪くても感謝。それに尽きます」。体調面を心配されると「大丈夫です」とほほえみ、騒動は乗り越えられるか?には「…そうですね」とうなずいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ