現代美術の自由な発想で映画界に新風 「ひかりのたび」の澤田サンダー監督

【映画深層】

 日本の映画界に新風を吹き込む存在になるかもしれない。9月16日公開の「ひかりのたび」で商業映画デビューを飾る澤田サンダー監督(41)は、不動産の不良債権処理や商社の苦情対応などを経験し、現代美術家としての顔も持つ。地方の土地売買を題材にした新作について「お金を持っていて、それでいてお金の心配をしている人に訴えかけたかった。美術家には最初からちゃんとそこに向けて作る人が多いが、映画ではあまり出ていないんです」と、異色の監督らしい独特の視点で語る。

■地方の呪いを背負った作品という武器

 作品も一言で説明するのはなかなか困難だ。舞台は自然に囲まれた地方の町。不動産業を営む植田(高川裕也)は、土地を安く買いあさっては外国人に売りつけるなど評判が悪い。一人娘の高校生、奈々(志田彩良)もたびたび嫌がらせを受けていたが、転校を繰り返してきた彼女は卒業後もこの町で働きたいと思っている。だが父親は、さんざん荒らしたこの町をそろそろ出ようと考えていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ