結婚宣言の須藤凜々花、投票呼び掛けは「アイドルとして大事な仕事。やっぱ営業」

 6月17日に沖縄・豊見城市で行われた第9回AKB48総選挙開票イベントで結婚を電撃発表した元NMB48の須藤凜々花(すとう・りりか、20)が14日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜後10・0)に出演。波紋を呼んだ結婚宣言の“裏側”を語った。

 8月30日のグループ卒業後、テレビ初出演となった須藤。交際相手は医療関係の仕事をする20代半ばの男性と報道されたが、「報道されたことは、バンドマンってこと以外は正解です」と認めた。なれそめについては「母親の誕生日パーティーみたいなところで出会って、一目惚れした。私が一方的に好きになった」と告白。この時点では連絡先は交換しなかったが、「AKBは片思いはOKってことになってたので、そこからずっと好きで、毎日相性占いしたり。1年間(思いを)温めた」上で、「出会って1年してから連絡先を交換して、いろいろ会ったりドライブしたり」と明かした。

 総選挙での結婚宣言について、自身に投票するファンのことは「考えてました」としながらも、「アイドルも自分の恋も両方諦められなくて、両方頑張ろうって決めた。アイドルとして選挙に出るっていうのは大事なことだと思ったので、『投票してください』って言うこともアイドルとしては大事な仕事。やっぱ営業じゃないですか」とぶっちゃけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ