中居正広 退社3人にヴィトンのバッグとグッチの洋服贈る

 新しい門出を祝福するかのような、気持ちのいい秋晴れとなった9月9日の夕方6時半ごろのこと。都内有数の高級住宅街にある低層マンションの前に、1台の白いワンボックスカーが静かに止まった。

 マンションから白いTシャツ、黒いハーフパンツの男性が姿を見せ、後部座席に乗り込む。車両にいたのは1、2分ほどだった。男性は左手に茶色、右手に黒色の大きな紙袋を大事そうに持って車を降り、マンションに戻っていった。

 その男性は、前日にジャニーズ事務所を退社し、フリーに転身した稲垣吾郎(43才)だ。彼が乗り込んだ白いワンボックスカーは、事務所に残る道を選んだ中居正広(45才)の移動車だった。稲垣とともに、草なぎ剛(43才)、香取慎吾(40才)の2人も退社していた。

 2つの紙袋に込められた中居の思いを、稲垣はどのように受け取ったのか--。稲垣が乗り込んだワンボックスカーの後部座席には、中居が座っていたかは確認できず、2つの紙袋を直接渡したかはわからなかった。しかし、それは中居からの餞別だったことは確かだ。

 「悩みに悩んだすえに事務所残留を決めた中居くんは、独立を選んだ3人の門出に何もせずにはいられず、プレゼントを贈ったんです。吾郎ちゃんには自宅前で渡しましたが、スケジュールの都合で香取くんと草なぎくんにはラジオの収録現場まで中居くんのマネジャーが同じ日に届けたと聞きました。プレゼントの内容は、ルイ・ヴィトンのバッグとグッチの洋服でした」(中居を知る関係者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ