栗山千明、ウエディングドレス姿で登場も苦笑「婚期が遅れるのを覚悟」

 女優、栗山千明(32)が14日、東京・有楽町のシアタークリエで主演舞台「ミッドナイト・イン・バリ~史上最悪の結婚前夜~」(同所、15~29日)の公開稽古に出席した。

 バリで結婚式を挙げるカップルのコメディーで、栗山、溝端淳平(28)、浅田美代子(61)、中村雅俊(66)の4人芝居。役衣装のウエディングドレス姿で登場した栗山は「最近、役柄で着せられることが多くて…婚期が遅れるのを覚悟しています」と苦笑。自虐的な栗山に共演の溝端淳平(28)は「女神さまのよう。おキレイです」とべた褒めした。

 女優、鈴木砂羽(44)が初演出と主演を務める舞台「結婚の条件」の公演初日の2日前に、出演予定だった女優2人が降板したことが話題に。報道陣から「(『ミッドナイト-』の稽古中に)もめたことは?」と問われると、中村は「もうこの時期、もめてないでしょ。ないですよ」と否定し、浅田も「年長の雅俊さんはすごくやさしいし、雰囲気をよくしてくれる」と円満を強調した。

 演出の深川栄洋氏(41)は「みんな天然。溝端君以外はほわーんとしている。僕が失礼かなと思うことをいっても、みんな、ほわーん。一番年下の溝端君の意見が一番通る現場だった」と雰囲気のよさをうかがわせていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ