小出恵介を書類送検 児童福祉法違反などの適用は見送り

 17歳少女との飲酒と淫行で6月から無期限活動停止中の俳優、小出恵介(33)が13日、深夜に少女を連れ回したとして、大阪府青少年健全育成条例違反の疑いで、府警少年課から書類送検された。

 同課によると、小出は少女について「落ち着いた雰囲気だったので、17歳には見えなかった」などと話している。少女との飲酒や不適切な関係についても捜査したが、強制的ではなかったとして、児童福祉法違反などの適用は見送った。7月12日には府警から任意の事情聴取を受けたが、少女側とはすでに示談が成立しており、大阪地検は刑事処分を慎重に判断するとみられる。

 小出の不祥事をめぐっては、出演ドラマが放送中止になるなど、小出側への損害賠償を含めて混乱が生じている。小出の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「今回の件で検察からは連絡を受けていない」とした上で、小出の処分などについては「現状としては、検察の判断を見守りたい」と説明。会見も未定とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ