桂文枝、出張寄席構想を披露「われわれの方が淡路島に出張できるよう」

 落語家、桂文枝(74)が13日、兵庫県庁を訪れ、淡路島創作落語三部作を絵本化した「桂文枝の淡路島らくご絵本」(8月28日発売)の原版を井戸敏三知事(72)に贈呈した。

 「淡路島の子供たち、そして日本の子供たちに淡路島を知ってもらえれば」と期待を込めた文枝。来夏には神戸市内に定席「神戸新開地・喜楽館」がオープン予定で、「喜楽館をやっていく上で、淡路島から来ていただくのもさることながら、われわれの方が淡路島に出張できるよう、淡路島の人にも落語を味わっていただけるような場所を作っていただけたらなと思っています」と出張寄席構想を掲げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ