狩野英孝、9カ月ぶりレギュラー復帰!謹慎中はノンスタ井上と慰め合い

 女子高生との淫行疑惑で1月から謹慎し、6月に活動再開したお笑いタレント、狩野英孝(35)が、BSフジのバラエティー「東北魂TV」(日曜後11・0)に10月15日放送分からレギュラー復帰することが12日、分かった。約9カ月ぶりの登場で、仕事復帰後初めて取材に応じた狩野は「スタジオの照明がまぶしい」と表舞台に返り咲いた実感を口に。謹慎中は“謹慎仲間”と励まし合っていたことも明かした。

 1月15日の放送を最後に姿を消した「東北魂TV」に、狩野が帰ってくる。今月8日、東京都内のスタジオで行われた収録にTシャツ姿で現れた狩野は「ずっと薄暗いところにいたから。照明ってまぶしいんですね」と自虐的につぶやいた。

 6月1日付で謹慎が解け、9月7日放送のテレビ朝日系「アメトーーク!」で地上波復帰。今回、ついにレギュラー番組にも復帰する。

 サンケイスポーツの取材に応じた狩野は、謹慎中の生活を赤裸々に告白。「バラエティーは見たくなかったけど、見るようにしていた。またここに立てるのかなという気持ちだった」と振り返り、家庭菜園を始めてバジルや二十日大根を育てたことや、故郷の宮城・栗原市に帰り、実家の神社も手伝ったことを明かした。

 昨年12月にタクシーへの当て逃げ事故(不起訴処分)を起こし、3月まで謹慎していたNON STYLEの井上裕介(37)とは、電話やLINEで「お互いまた(ファンが)笑ってくれるように頑張ろう」と励まし合ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ