フジ、バラエティー路線から変更でどうなる? 報道番組で椿原アナ、海老原アナ起用

 フジテレビが変貌を遂げようとしている。「reboot」(再起動)をテーマに、10月の番組改編から始まり、来年4、10月の3段階で変革していくが注目すべきはその内容。バラエティーに強いフジが「社会」「人」「愛」という“お堅い”テーマに挑戦するというのだ。いわば「社会派」路線への転換というわけだ。

 視聴率で苦戦が続くなか、今年6月に宮内正喜社長に交代。新たな変革に挑むことになった。

 10月スタートのドラマでは「社会問題」に着目。「明日の約束」(火曜午後9時)では井上真央演じる高校のスクールカウンセラーが学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに献身する。

 注目は篠原涼子(44)が今、何かと話題の政治家役に挑む月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(月曜午後9時)。ごく平凡な生活を送る「40代」「高校中退」「資格なし」「知識なし」の主婦が新米市議として猪突猛進する。篠原はトレードマークといえる長い髪を“バッサリ”切っての挑戦だという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ