黒澤作品の名脇役・土屋嘉男氏が肺がんのため死去 89歳

 土屋嘉男氏(つちや・よしお=俳優)2月8日、肺がんのため死去、89歳。山梨県出身。葬儀・告別式は近親者で営んだ。喪主は妻、みどりさん。お別れ会などの日取りは未定。俳優座養成所を経て東宝に入社。1954年、「七人の侍」(黒澤明監督)で野武士に最愛の妻を奪われる農民役で注目されて以降、「用心棒」「椿三十郎」「赤ひげ」などの名脇役として黒澤作品に欠かせない存在に。99年の著書「クロサワさーん!」で黒澤監督との秘話をつづった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ