西野七瀬、映画初出演で主演「格好いいと思ってもらえたら」

 乃木坂46の西野七瀬(23)や白石麻衣(25)らが28日、東京都内で行われた9月22日公開の映画「あさひなぐ」(英勉監督)の完成上映会に出席した。

 同作は、なぎなたに青春をかける女子高生たちの物語。劇中の道着姿とは一変し、今回は黒いドレス姿で登場。映画初出演で主演を飾った西野は、「なぎなたは想像以上に大きいし、重いし、難しかったけど、格好いいと思ってもらえたら」と笑顔であいさつした。

 お気に入りの場面に「旭(西野)が先輩の真春(白石)を呼び出して、食ってかかるシーン」を挙げ、白石から「メチャクチャ格好よかったよ」と褒められた西野は、照れ笑いした。

 松村沙友理(25)は、「1カ月前から試合のシーンの練習をしていたのに、撮影前日に監督が『ちょっと変えたい』と言ったときは心が折れそうになった」と苦労した思い出を振り返った。

 桜井玲香(23)、伊藤万理華(21)、生田絵梨花(20)、富田望生(17)、英監督も出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ