平原綾香、ミュージカル「メリー・ポピンズ」で主演 濱田めぐみとWキャスト

 歌手、平原綾香(33)が、来年3月に開幕する米ブロードウェーミュージカル「メリー・ポピンズ」(東京・渋谷の東急シアターオーブ)に女優、濱田めぐみ(45)とのWキャストで主演することが23日、分かった。

 ウォルト・ディズニー・カンパニー製作の同作は、米アカデミー賞5部門受賞の世界的大ヒット映画のミュージカル版。空から飛んできた家庭教師が人々を不思議な体験に巻き込む物語で、世界10カ国以上で上演されている名作の日本初演となる。

 平原がミュージカルで主演を務めるのは3作連続で、26日に千秋楽を迎える「Beautiful」に続くブロードウェー作品への出演。2年前からオーディションを受けていただけに、「傘で空を飛べる日がくるなんて、思ってもみませんでした」と喜びもひとしおだ。

 映画版で主人公を演じた英女優、ジュリー・アンドリュース(81)とは、彼女の主演映画「サウンド・オブ・ミュージック」で吹き替え声優を務めた縁がある。それだけに、日本の歌姫は「映画版のメリーは聡明(そうめい)なイメージが強かったですが、ミュージカルには笑いも加わるので、すごく面白くなりそうです」と胸を高鳴らせている。

 “本業”の歌手活動でも9月2日(埼玉・サンシティ越谷市民ホール)から全国ツアーの後半戦がスタート。この日も「Beautiful」の上演後のトークショーで、「メリー-」への出演をファンに報告した平原は「音楽活動を続けながら、ミュージカルにもチャレンジすることは大変ですが、感謝の気持ちで顔晴(がんばり)ます!!」と張り切っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ