貫地谷しほり、「望郷」との“縁”をアピール「なぜこの役が私に来たのか不思議」

 女優、貫地谷しほり(31)が22日、東京・新宿武蔵野館で行われた主演映画「望郷」(菊地健雄監督、9月16日公開)の試写会イベントに出席した。

 作家、湊かなえ氏の小説が原作で「脚本を読んで素直にやりたいって思いました。なぜこの役が私に来たのか不思議」と“縁”をアピールした。

 同じく湊氏原作の映画「白ゆき姫殺人事件」で共演したW主演の俳優、大東駿介(31)は「『白ゆき姫-』では撮影10分で、せりふが全編アドリブだったので台本がもらえませんでした。今回は台本があってよかった」と明かすと、貫地谷も「私は撮影1日でした」と苦笑いしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ