EXILE黒木、HiGH&LOWは「60回楽しめます」

 EXILEや三代目J Soul BrotherらEXILE TRIBE(一族)が19日、全国8大都市を拠点に映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」(久保茂昭、中茎強監督)の初日舞台あいさつを行った。

 昨年7月に公開された映画「HiGH&LOW THE MOVIE」の続編で、主要キャスト60人の中から26人が初日と翌20日の2日間、全国8カ所に分かれて、計166回もの舞台あいさつを行うという大規模イベントを敢行。

 東京会場には三代目JSBの岩田剛典(28)やEXILEの黒木啓司(37)らが登壇。山王連合会の総長を演じた岩田は「初日を迎えて万感の思いです。自分たちが魂をこめて作った作品。皆さんのもとに届くのを待ち望んでいました」と感無量の表情。「今年の夏はHiGH&LOW旋風を巻き起こしたい」と意気込んだ。

 映画は街の利権を狙う5つのチームの戦いを中心に若者の友情を描く物語。撮影中には誕生日を山王連合会のメンバーがサプライズで祝ってくれたといい、「すごいうれしかった。最高だなと思いました」と感謝した。

 White Rascalsのリーダーを演じた黒木は「殺陣がただの暴力に見えないように思いを込めた」と力説。「(主要キャスト60人が)1人1人が主人公。それぞれにスポットを当てながら見れば60回楽しめます」とおちゃめにアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ