“大型新人”金子大地、20歳大ブレークだ!「演技力を磨きたい」

 新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」で俳優・モデル部門を受賞し、一昨年にデビューした俳優、金子大地(20)が大ブレークの兆しを見せている。今年はすでに6本の出演映画の公開が決まり、今期・10月期の連ドラに2クール連続出演。強い眼力と与えられた役にハマる柔軟な感性を持つクールなイケメンは「いろんな役に挑戦して人間として成長したい」と若手俳優のてっぺんを狙う!

 佐藤健(28)や三浦春馬(27)、ディーン・フジオカ(36)らスター俳優が多数所属する大手芸能事務所、アミューズの“大型新人”として一昨年にデビューした若手俳優に熱視線が注がれている。

 「自分ではゆっくり階段を上っている感じですね」と謙遜しながら語る金子は、2015年10月にフジテレビ系「痛快TV スカッとジャパン」(月曜後7・57)の再現VTRで演じた超イケメン高校生役で注目を集め、16年4月期のテレビ東京系「昼のセント酒」での若手営業マン役で演技力を評価された。

 今年は2月公開の映画「きょうのキラ君」(川村泰祐監督)を皮切りに、公開中の「逆光の頃」(小林啓一監督)など早くも6本の出演映画の公開が決定。10月7日公開の映画「ナラタージュ」(行定勲監督)では嵐の松本潤(33)や女優の有村架純(24)と共演し、スターたちに負けない存在感を放っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ