フジ三上真奈アナ&ヤクルト・小川投手が熱愛!昨年4月から“バッテリー”

 ヤクルト・小川泰弘投手(27)とフジテレビの三上真奈アナウンサー(28)が交際していることが13日、分かった。複数の関係者によると、2人は昨年4月から交際をスタートさせた。燕の主力投手と人気女子アナの“熱愛”だけに話題を集めそうだ。

 複数の関係者によると、2人はフジテレビ関係者を通じて知り合い、昨年4月に交際をスタートさせた。交際期間は約1年4カ月。同棲(どうせい)はしていないが、三上アナが小川に手料理を振る舞い、神宮球場へ応援に駆けつけることもあるという。

 小川は愛知・成章高から創価大を経て2013年にドラフト2位でヤクルト入団した。米大リーグ、レンジャーズなどで活躍した名投手、ノーラン・ライアンを参考にした左足を高く上げる投球フォームから「ライアン」の愛称で親しまれ、プロ1年目には16勝でセ・リーグ最多勝と新人王を獲得。15年には11勝を挙げ、14年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 今季は背中の張りで5月下旬から約1カ月、戦線離脱。現在は再び先発としてローテーションを守っている。12日の中日戦(ナゴヤドーム)では8回3失点、完投で6敗目(5勝)を喫したものの力投を見せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ