CSで西村昭五郎監督の追悼放送決定

 日活が運営するCS映画チャンネル「映画・チャンネルNECO」は1日に肺炎のため死去した映画監督、西村昭五郎さん(享年87)が監督を務めた日本テレビ系ドラマ「颱風とざくろ」(第4話、1969年)を9月2日午前8時に放送することを9日、発表した。

 同作は小説家、石坂洋次郎さんの原作を脚本家、倉本聰(82)が脚色したドラマ。女子大生の英子(松原智恵子)はテニス部の新しいコーチ・一雄(緒形拳)に恋心を抱くが、一雄は谷川岳で遭難。そんなある日、傷心の英子の前に一雄の弟、二郎(石坂浩二)が現れるという青春物語。

 西村監督は54年に日活入社後、63年の「競輪上人行状記」で監督デビュー。71年には日活ロマンポルノ第1作となる「団地妻 昼下がりの情事」を監督し、ロマンポルノ終了までに全84作品を手がけた。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ