EXILE・TETSUYA、ゲストランナーとして力走「ハイタッチしながら走った」

 EXILEのパフォーマー、TETSUYA(36)が7日、東京・両国国技館で行われた「未来(あした)への道 1000キロ縦断リレー2017」のグランドゴール式に出席し、「毎年続けることで走る仲間が増えていって、復興にもつながるし、2020年の東京五輪・パラリンピックにもつながっていく」と、東日本大震災の復興にかける思いを語った。

 同リレーは、東日本大震災復興のために青森から東京まで被災地をランニングと自転車で駆け抜ける。都などが主催し5回目となる今年は7月24日にスタートし、約1600人がたすきをつないだ。

 ラストランとなるこの日のふれあいランニングには、TETSUYAやアーティストのDream Aya(30)ら6人がゲストランナーとして力走した。

 TETSUYAは「子供が多かったのでハイタッチしながら走った。台風が来ている危機感の中で、笑顔の交換をしながら走って、気持ちよかった」と満足そうに話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ