中山秀征、最も大変だったゲストは沢尻エリカ 「座るやいなや、股を開いて…」と回顧

 タレントの中山秀征(50)が5日、日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)にゲスト出演し、MCとして一番大変だったゲストに沢尻エリカ(31)の名を挙げ、エピソードを披露した。MC歴「25年」。久本雅美(59)に「一番大変だったゲスト」を尋ねられると、「沢尻エリカさん」と即答。2007年当時「ギンギンでらっしゃったころ。攻めの時代」だった沢尻の「『別に』発言」の前日のできごとを回顧した。

 中山によれば、沢尻はその日明らかに不機嫌で、「座るやいなや、股を開いて」前かがみになるという「喧嘩態勢」で放送に臨んだと回顧した。「何を聞いても答えていただけない」状態。前もって渡しておいた「弱点は」という質問にも「あっても言いません」と回答を拒否したという。

 その9年後に中山と沢尻は番組で再会。その時の沢尻は「非常に穏やか」と語る。「今度一緒にご飯でも」と誘われた中山は「だから言いましたよ、『別に』って」とオチをつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ