綾小路翔が紅白での“裸”ボディースーツ騒動反省「国民的な場所でやるのは違っていた」

 ヤンキー系ロックバンド、氣志團の団長、綾小路翔(年齢非公表)が4日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。「DJ OZMA」として出演した2006年のNHK紅白歌合戦で物議を醸した“裸”ボディースーツの演出やその舞台裏を明かした。バックダンサーが裸に見えるボディースーツで出演。これを受け、NHKには抗議が殺到。生放送で謝罪する異例の騒動となった。 綾小路は「全く裸ではないけれど、裸の絵が描いてある。自分の中では面白いと思っていた」と演出の意図を説明。しかし、異例の騒動となり、「紅白歌合戦という老若男女が見る、国民的な場所でやるのは違っていたかな、と。あれから10年経ってようやく」と反省の言葉を口にした。

 演出は黙って行ったという。終わった瞬間は「やったー」と成功を喜んだ。演出に加わった大物演歌歌手、北島三郎にも当然、ボディースーツのことは伝えておらず、すぐに楽屋に駆けつけ、「ありがとうございました」とお礼を述べた。

 北島から「成功したか?」と尋ねられ、「大成功です」と答えている最中に、NHKのアナウンサーが「今起きたことは、ボディースーツでございます」と謝罪する場面が。綾小路は「あれ、問題になってる?」と状況に気づいた。しかし、綾小路は「男にして頂いてありがとうございました」と、そのまま北島の楽屋を去ったという。

 年が明けた1月に、北島から「ちょっと来ないか」と連絡があったという。すでに世間では大騒動になっていた最中のことだっただけに、所属事務所の関係者が代わって北島宅を訪問。そこで北島は「もし良かったら2月からコマ劇場で公演あるからこいよ」と言ってくれたと伝えられた綾小路。「北島三郎先生の器は大きい。凄すぎる」と、騒動のその後について打ち明けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ