ジャンヌ・モローさん死去 「ヌーベルバーグを代表する女優」「コクトーら文豪に愛されたミューズ」 映画批評家・大寺眞輔さん

 「突然炎のごとく」などで知られるフランスの女優、ジャンヌ・モローさんがパリの自宅で死去した。89歳。数々の作品に出演し、“ヌーベルバーグ”(新しい波)を彩ったモローさんについて、映画批評家の大寺眞輔さんに聞いた。

 ルイ・マル監督の「死刑台のエレベーター」(1958年)や「恋人たち」(同年)、フランソワ・トリュフォー監督の「突然炎のごとく」(62年)などに出演し、ヌーベルバーグを代表する女優の1人だった。家族や夫婦など旧来のモラルにとらわれず、自由な存在として、ヌーベルバーグのスピリットを体現していた。代表作の1本として、ジャック・ドゥミ監督の「天使の入江」(63年)という本当に美しい傑作に主演していた。

 先鋭的でリベラルな気質の典型的なフランス女性でありながら、当時は珍しく、英米圏の作品にも出演。母が英国人だったこともあったのか、インターナショナルな感覚も持ち合わせていた。

 ジョゼフ・ロージー監督の「エヴァの匂い」(62年)では、「ファム・ファタール(男性の運命を左右する女性)」的な存在感を放っていた。フランス的自由の精神を映画の役だけでなく、本人の生き方でも体現。映画ファンにとっては、カトリーヌ・ドヌーヴと並ぶ、憧れだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ