ミス・ワールド日本代表のファイナリスト発表

 世界最大のミスコンテスト「ミス・ワールド2017世界大会」に出場する日本代表を選ぶ「ミス・ワールド・ジャパン」のファイナリスト31人の発表会が31日、東京都内で行われた。

 日本代表の座を巡り、国内から7150人の女性が応募。その中からファイナリストの一人に選ばれたモデルの倭早希(やまと・さき)さん(24)は「第47回ミス日本コンテスト2015」で「ミス着物」に選ばれた経験もある。

 「(ミス・ワールド日本代表の)田中道子さんや中川知香さんの活動を見て」と応募の動機を語り、「ファイナリストの皆さんと切磋琢磨(せっさたくま)しながら9月(の日本大会)を迎えたい」と目を輝かせた。

 浅野琳さん(21)は、女優の土屋太鳳(22)も通う日本女子体育大学に在学。今後ファイナリストがトレーニングをするスポーツジムで背筋などを鍛える「ラットプル」を体験する様子を披露し、「大学でもジムはあるけれど、あまり使っていなかったので、緊張しました」とはにかみながら話した。

 そのほか、歴代最年少となる新潟県立新潟工業高等学校に通う現役女子高校生の佐藤茜さん(17)さんらも選ばれた。

 ミス・ワールドは1951年にイギリス・ロンドンで第1回大会が開催され、今年で67回目。今年は9月4日に日本大会が開催され、10月16日に世界大会がシンガポールで開幕。約1カ月の審査を経て11月18日に中国・海南島でグランドファイナルを迎える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ