尾木ママ、早実・清宮にベタ惚れ「素朴で実直な風貌も大好き」

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(70)が30日、自身のブログを更新し、全国高校野球選手権西東京大会決勝で東海大菅生に2-6で敗れ、甲子園出場を逃した早実の清宮幸太郎内野手(3年)についてコメント。「よほど悔しいことと思います…」と清宮の胸中を推し量った上で、「ファンも高校生ホームランのタイ記録の107号見たばかり 新記録も見たいと期待大だっただけにガッカリかも知れないですね」とつづった。

 試合に敗れはしたものの、「彼の素朴で実直な風貌も大好き」と清宮にベタ惚れの様子の尾木ママ。「スマートなアスリート多い中で何だか懐かしく安心してみること出来ます」と印象を記した。

 最後には「もうこの夏の甲子園からみることが出来ないのは寂しく応えますよね…残念無念…でもチームプレー見事でしたよ!! よく頑張りました」と早実の健闘をたたえ、17年ぶり3度目となる夏の甲子園切符を手にした東海大菅生についても「すごい集中力だと思います」と評価した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ