松居一代、幼少期からのあだ名は「がんこちゃん」

 俳優・船越英一郎(57)との泥沼離婚騒動の渦中にいるタレント、松居一代(60)が30日、ブログを更新。幼少期からのあだ名が「がんこちゃん」であることを明かした。

 自身の体調に問題がないことを強調した上で、「あたしは、自分が納得をしないと絶対に口にはしませんよ がんこちゃんですから子どものときからの、アダ名」とつづった。

 また6年ほどの前に内視鏡の検査を受けた際、「20代の内臓と言われた」という。「そこからもっと、気をつけているから。体調は、おかげさんで万全よ 絶好調ですよ 人間ドックも年々に、よくなっているのよ」と健康面に自信を示していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ