松本人志、今井絵理子の“一線越えてない”発言に「手を握って東海道を越えてる」

  お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(53)が30日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。神戸市の橋本健市議(37)と不倫関係にあるとした週刊誌報道に「雑誌のタイトルにあるような『略奪不倫』ではありません」と強調した自民党の今井絵理子参院議員(33)について言及した。

 まずはコメンテーターとして出演しているウエンツ瑛士(31)に話が振られると「僕は小学生のときに、SPEEDのファンクラブに入っていたわけですよ。だから今本当に守りたいわけですけど、守れない。これはつらい立場だ」と心情を語った。MCの東野幸治(49)から、フォローできないのかと聞かれると、「僕が一番つらかったのは、言い訳がちょっと多い」「一線を越えていないとか、記事にあるような『略奪不倫』ではありませんとか、強調したいところはそこなんだなというのがそこでしたね。そうじゃなくて、今は自分に票を入れてくれた有権者の人だったり、一言も触れられていないですけど、自分の子供がこの記事を読んでどう思うか。ただでさえ、なかなか今の日本で居場所がない、よくないなかで過ごしているお子さんに対して、こういう記事が出た時にどういうふうにお子さんが見られてしまうのかとか、そういう目線がない」と指摘した。

 すると、松本が「ねえ、一線は越えてないと言ってもねえ、手を握って東海道を越えてるわけですよ。…なかなかだぜぇ?」と笑いを誘った。「こういう言い方もあれだけど」と前置きしつつ「下品なヤンキーカップルでもあんな寝方しないでしょ。たまにこういうカップル見ると、ちょっと…と思う」と語った。

 一方、女性からの目線を尋ねられた、いとうあさこ(47)は「2人は『一線を越えてない』っていうのが盾になっていると思ってずっと言っているけど、新幹線の中で手をつなぐのを我慢できない人が、ホテルに入って何の我慢できるかって思っちゃう」と厳しい意見を語った。東野が「お互いに好意を持っているけどまだおつきあいはしていない状況で、安心するために手を握っているということなんでしょうけど」とフォローに回ると、いとうは「一人でも寝れるから、人は」と突き放していた。

 松本は、不倫に関してはどちらかといえば擁護派と自分のスタンスを明らかにしつつ、「この国会が揺れているタイミング、『これから勉強します』と言っていた人がこんなふうに新幹線で寝ていたら、投票した人はガッカリするだろうなと思う」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ